加齢臭を軽減するための正しいケアまとめ

加齢臭を軽減するための正しいケアまとめ

加齢臭は、文字通り年齢を重ねるごとに発生する臭いです。
しかも男性だけに発生する臭いではなく、女性にも発生します。

 

その原因は、ノネナールという皮脂線から分泌される物質が原因です。
これは、活性酸素によって脂質が酸化した過酸化脂質と30代を過ぎた頃から分泌される成分であるパルミトオレイン酸が反応することによって発生する物質です。

 

なので、年齢が若い時には出ない物質が関わっているので加齢臭と呼ばれているのです。

 

そしてこの加齢臭は女性ホルモンによって臭いの発生を抑えられています。
しかし女性は更年期で女性ホルモンが著しく少なくなるので、年齢を重ねるごとに臭いが強くなってしまうのです。

 

また、強く臭いを感じる場所は、耳の後ろや頭皮、背中、胸、顔のTゾーンなど特に皮脂の分泌が多い場所です。

 

では、どのような対策をとると加齢臭が弱くなるのかというと、まず臭い原因であるノネナールの分泌量を減らすことです。
これは食事が大きく関わっていて、お肉や揚げ物など脂質が多い物を減らすことでノネナールの分泌量を減らすことができます。
近年では食生活も大きく変わり、欧米化しており脂質の量も増えがちなので気を付けなければいけません。

 

そして、脂質を酸化させないためにも活性酸素を減らすことが大切です。
活性酸素が増える原因としてストレスや不規則な生活があります。
なので、一度生活を見直すことが大切です。

 

次に、汗をかいたらこまめに拭くことです。
汗をかいた後、放置してしまうと菌が繁殖してしまうのでどんどん臭いが強くなってしまいます。
なので、除菌効果のある体を拭くシートなどを使いこまめに拭き取ることが大切です。

 

そして、体の保湿をきちんとすることです。
臭いが気になるからといって強く体を洗ったり、洗った後の保湿を怠ると皮脂が足りなくなるので逆に皮脂の分泌が盛んになってしまいます。
なので、除菌効果のある石鹸や加齢臭専用の石鹸で優しく体を洗い、洗った後はきちんと保湿することが大切です。

 

このように、正しいケアをすることで加齢臭の臭いを軽減することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

"